Komodo(KMD)コモドってどんな仮想通貨?今後の将来性や評価・評判は?

Komodo(KMD)コモド

今回は、取引所を利用せず直接取引をする事が出来るという不思議な仮想通貨「コモド」コインの紹介です。

Komodo(KMD)コモドとはどんなコインなのか、今後の将来性評判・評価について解説します!

 Komodo(KMD)コモドってどんな仮想通貨?

コモドは、取引所を使わずに取引が出来る極秘性のとても高いコインです。

P2S(直接取引)のネットワークを進展させるために開発されました。

コモドコインは、分散型プラットフォームで使用出来るコイン「ゼロ証明」と呼ばれている仕組みを導入しており、参加している仮想通貨に変更もでき、取引時の認証時取引内容を保護する仕組みが整っています。

そして、取引相手にも正確な情報を提供することが出来ます。

Komodo(コモド)の取引認証アルゴリズムは「dPoW」を採用しています。

直訳すると「Delayed Proof of Work(遅延の仕事証明)」で、簡単に言うと「他の仮想通貨の認証時に、一緒に認証して貰う」というシステムです。

PoWのアルゴリズムの場合、ビットコイン等の有名な銘柄の仮想通貨でないと、マイニングを行う「マイナー」が集まりにくいという欠点があります。

ビットコイン等の仮想通貨の認証とコモドコインの認証を一緒に行うことで、マイニングの電力削減や取引を簡単にするという効果を上げる事が出来ます。

dPoWという名前ですが、一番導入の多いPoS(プルーフ・オブ・ステーク)でも便乗が可能で、イーサリアムは今後PoSに変わる予定となっています。

コモドプラットフォームは提携している他の仮想通貨と交換することができ、分散型取引所を利用することで、「両替」「交換」「送金」などの処理をコモドで行う事が可能で、参加している法定通貨に換えることも可能となっています。

このシステムで、2015年にすでにコモドは成功をしているので、将来性の高いアルトコインとして注目を集めてきました。

Komodo(KMD)コモドの今後の可能性は?

コモドはセキュリティ性がとても高い分散型取引所を利用するプラットフォームを採用しています、そのため、大手の取引所で起りうるリスクを回避する事も可能です。

国内取引所でも起きた多額の仮想通貨流出事故もその一つで、一般的には取引所に仮想通貨を預けて取引を行いますが、その状態ではオンライン上に常に仮想通貨がある状態になりハッキングや盗難のリスクが非常に高くなります。

そのため、取引が停止されるという今回の状態を招いてしまいます。

そして、中国などのように規制がかかってしまうと暴落などの影響を受けてしまう可能性も高くなりますが、コモドはこれらのリスクを避ける事の出来るメリットがあります。

何故なら、ウォレット自体を自分自身で管理する事が出来、取引を行う時も匿名性のとても高いブロックチェーン技術を利用することが出来るからです

現在のほとんどの仮想通貨は「分散型取引所」が多く利用されていますが、何回も起こるハッキングなどからコモドのようにウォレットのみで取引を行う事が一般的になる日も遠くないかもしれません。

将来性がとても高く、先を見据えて技術を採用しているコモドの可能性はとても高く評価される事は間違いないでしょう。

Komodo(KMD)コモドの評価や評判・口コミについて

上記にも書いたように、コモドは分散型の取引を行う事が出来るプラットフォームを採用しており、取引を行う時には、匿名性が高く、認証に必要最低限の情報を利用して取引認証を行う「sk-SNARKプロトコル(ゼロ証明)」を使用します。

誰にいくら送金したか等の取引履歴の情報を暗号化したままにするので、第三者に内容を知られる心配がなくセキュリティがとても高いシステムとなっています。

また、コモドは「アトミックスワップ」を導入しているので、取引を一瞬で行う事が出来ます。

これにより、送金相手の持ち逃げリスクを格段に下げる事も出来、取引所を経由しないので手数料も抑える事が出来る事から、コアなトレーダー達に長い間注目されてきたアルトコインです。

まとめ

いかがでしたか?ビットコインが話題になる前から、かなりセキュリティに特化した仮想通貨であると言う事が分かると思います。

これからは、この仕組みが一般的になるのでは?とも言われているのでこれからも目が離せないアルトコインの1種です。

Komodo(KMD)コモド