プレイコイン(PlayCoin)PLYの今後の可能性や評価や評判・口コミについて

2018年3月18日プレイコイン(PlayCoin)PLY

今回はまだ日本ではあまり知られていないマイナーコイン「プレイコイン」のご紹介です。

マイナーコインですが既に中国・東南アジアのゲーム内では既に使用されているので注目度の高いマイナーコインに間違いありません。

プレイコインとはどんなコインなのか。

今後の可能性や評判や評価・口コミをご紹介します!

プレイコイン(PlayCoin)PLYってどんなコイン?

プレイコインは香港に本社がある「GameHub」よってブロックチェーン技術を採用しプラットフォーム上で開発された独自トークンです。

このプレイコインはオンラインゲーム上で使用出来るだけではなく、ゲームの開発者への報酬としても支払われます。

更にこのプレイコインは、現在ゲームアプリの独占市場となっているGoogle PlayやApp Store等に対しゲーム開発者は30~80%の手数料を支払わなくてはいけないので、この低価格で提供されているゲームアプリの市場の現状を混乱させるために開発された仮想通貨でもあります。

プレイコイン(PlayCoin)PLYの今後の可能性は?

「GameHub」はすでに現在、中国と東南アジアで活動している影響力を持つ約400人のインフルエンサーたちと契約を結んでおり、動画は400万回再生されています。

こういったインフルエンサーに基づくビジネスマーケットはゲーム市場でとても支持されています。

そのインフルエンサーたちの中でも更に影響力を持つ人たちは、新たに契約を結ぶことが出来るので更に世界中にゲームを広めていく事が出来ます。

そしてGameHubのプラットフォームは強力な報酬機能を持っているので、1人のメディア製作者または一般のユーザーがGameHubプラットフォーム上でゲームをはじめとする様々なコンテンツを宣伝する事が出来ます。

そして、その広告結果は正確な広告報酬確認システムによって確認されるので不透明性はありません。

そのことから、これからもっと需要が増えていく事は間違いないといっても過言ではないので注目度はかなり高いです。

プレイコイン(PlayCoin)PLYの評価や評判・口コミについて

すでにいくつかの企業と提携を結んでいる「GameHub」です。

そして、台湾のゲーム市場は東南アジアのモバイルゲーム業界にとって重要な部分で、そのなかでも「Lamate Taiwan(ラマテ台湾)」は台湾にあるゲーム会社でプレイコインは「Lamate Taiwan」ともビジネス契約を結んでいます。

この「Lamate Taiwan」が提供している全てのゲームアイテムとコンテンツの支払にプレイコインを使用する事が出来ます。

 

そして、「GameHub」のエコシステム内では小規模のインディーズゲームもサポートしており開発しています。

韓国の優秀なインディーズゲーム会社とのリリース契約を結びGameHubプラットフォーム上により中国語や東南アジアのゲーム市場に進出するための言語翻訳やアップグレードを行いました。

そのインディーズゲームでは、TouchTouchの「Be rich!」、「Survival Bingo、Betting Version」が最初のもので、小型ゲームの場合ではFUNWAVEの「Tactics Crush」によるモバイルゲームとのリリース契約を結びました。

それらはMWU、Made with Unity ‘Korea Awardsのトップ21に選ばれ注目を集めています。

そしてこれらのゲームは中国や東南アジアでも販売され、プレイコインはアイテムの購入などの主な支払方法となっている事から中国や東南アジアではすでにプレイコインが浸透しつつある事が分かります。

 

まとめ

今回はプレイコインが大手のアプリゲームだけでなく、インディーズゲームの言語翻訳やアップデートをサポートする事でさらにゲーム市場で注目を集めている事が分かりました。

これまでゲームアプリ市場は独占市場だったので、これからもっと注目を集めていく事間違いなしのコインだと思います。

2018年3月18日プレイコイン(PlayCoin)PLY