BlockMason Credit Protocol (BCPT)とは?購入方法や評判・評価!

BlockMason Credit Protocol (BCPT)

BlockMason Credit Protocol (BCPT)が今後上昇するかもしれないと話題になっています。

BlockMason Credit Protocol (BCPT)とは一体どんなコインなのでしょうか?

購入方法や評判、評価についてお話しして行きたいと思います!

BlockMason Credit Protocol (BCPT)とは?

avatar

ソフィア

BlockMason Credit Protocolについて説明しましょう。

ブロックメイソン・クレジット・プロトコルは、2017年10月に公開されたばかりの新しい仮想通貨です。

イーサリアムを基盤として、それをもっと実用的にするべく「クレジットプロトコル」を開発しています。

ビットコインのように金銭的な取引の履歴を残すだけの通貨と違い、この「クレジットプロトコル」では当事者間の金銭的データ(誰が誰にいつどの通貨をどれだけ送金したかといった情報)はもちろん、誰が誰にいつの時点でいくらの負債を負っているかといった情報も追加して台帳記録していくことができます

つまり「債務・債権といった権利の取引も記録して保管することが可能」なのです。

ですから、これを応用すれば金融市場だけでなく、金銭取り引きが絡んだ様々な分野にも取り込んでいけるのは想像できますね。

実際、ブロックメイソンは医師、患者、保険会社間における借入や債務データを分散的に記録するプロジェクトをパートナー会社と共に進めています。

そして「クレジット」「健康」「ソーシャル」の分野で活用できるよう計画しているそうです。

また、ブロックチェーン上で動く、消費者や一般向けのアプリケーション「Lndr(エルエヌディーアール・レンダー)」が2018年3月上旬にリリースされるという点でも、非常に注目されています。

このアプリは分散型アプリケーションの中でも一般人が AppストアやGoogle Playストアで利用可能な初めての債務・債権トラッキングツールです。

このアプリによって、個人間のお金の貸し借り(建て替えや負債の清算)を当事者間の合意後に記録・管理でき、支払いはイーサリアムでできるようになっています。

面白いのは、そのアプリによって、実際仮想通貨を持ち合わせていない人にも仮想通貨を貸すことができるという点です。

これには仮想通貨取引所の協力も必要ですが、このように負債も記録できるという点はやはりビットコインではできない点なので面白いですよね。

アプリリリース当初の設定では決済額が1週間につき200ドル程度になっていますが、BCPTを担保として預けることで徐々に取引金額を引き上げていく予定で、将来的には不動産・車・大学・家具などの決済にも利用可能にするそうです。

このアプリを使うためのライセンスの代わり、そして取り引き内容をブロックチェーン上に紐づけるために必要なのがBCPTトークンです。
トークンなしにこのアプリを使用することはできないので、その点でも今後BCPTの価値が高まる可能性はあるでしょう。

その他、2018年2月21日にヨーロッパ最大規模の仮想通貨取引所「HitBTC」(イギリス)に上場したことも、BCPTの価格を押し上げた一つの原因となっているようです。

BlockMason Credit Protocol (BCPT)の購入方法は?

BCPTを取り扱っている取引所は残念ながら国内にはありません。
扱っているのは海外取引所のBinance、Bittrex、Kucoin、Cryptopia、HitBTCです。

この中でも最も取引量が多いのがBinanceになっています。

バイナンス(BINANCE)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


バイナンス(BINANCE)
口座を無料で開設するにはこちら



海外取引所なので円で購入することはできず、取引所によってビットコインもしくはイーサリアムでの購入が可能です。

まずは現金購入できる国内取引所でビットコインかイーサリアムを購入し、海外取引所に送金する形で入金します。

その後、BCPT/BTC(ビットコイン建てでの購入)もしくは BCPT/ETH(イーサリアム建てでの購入)を選択して購入します。

日本円に換金したい場合はコインを日本の取引所に送金しなおして日本円に売却、その後出金手続きをとります。

ですので、日本の国内取引所の開設が必須です。

お勧めをご紹介しますね。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


ビットフライヤー(bitFlyer)
口座を無料で開設するにはこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

DMM Bitcoinの口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


DMM Bitcoin
口座を無料で開設するにはこちら



GMOコインの口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


GMOコイン
口座を無料で開設するにはこちら



もしくは仮想通貨両替商で両替するという方法もあります。

BlockMason Credit Protocol (BCPT)の評判や評価は?

avatar

アリス

BlockMason Credit Protocol の評判が知りたいわ!

BCPTは2017年10月に開始したばかりですが、2018年3月には早速アプリケーション「レンダー」をリリースするまで開発が進んでいます。

ブロックメイソンCEOマイケル氏も、テクノロジーと開発のスピードがブロックメイソンの強みであると述べています。

それを受けてかBCPTへの評価には、堅実、手堅い、まじめといったものが多く、これはとても期待できそうです。

「現金」の取り引きだけでなく「権利」の取り引きに目をつけて、イーサリアムのスマートコントラクトをより現実的な方向へ推し進めているブロックメイソンには将来性を感じる人も多いのです。

そのため一時的な価格上昇を期待する投資目的のための購入だけでなく、純粋に魅力を感じて購入している人も多いのではないでしょうか?

まとめ

ブロックメイソン・クレジット・プロトコルは、権利の取引を可能にしていきます。

便利なアプリ「レンダー」では、個人間のお金の貸し借りから様々な商品の決済まで管理できるようになるでしょう。

こういったブロックメイソンの仮想通貨を実用化する先駆的な取り組みはとても評価できるものだと思います。

将来BCPTのおかげで仮想通貨市場がにぎわうといった事もあるかもしれませんね。