PAIコインの評判や評価は?口コミをチェック!取扱所はどこ?

PAIコイン

ソフトバンクの孫社長とテンセントが投資した事でも話題になっているPAIコインですが、まだまだ全貌が見えてきていません。

ブロックチェーンと人工知能を合わせた新しいタイプの仮想通貨とは何か?

今回はまだ未解明なPAIコインの評判や評価をご紹介していきます。

PAIコインの評判や評価はどう?

PAIコインは、個人用AIの開発を進めているOben社による「PROJECT PAI」というブロックチェーンと人工知能を合わせた最先端の技術です。

ソフトバンク・ベンチャーズ・コリアや、テンセントといったIT企業から多額の出資を受けて世界最高峰のAI企業へと成長した会社が発行する独自のトークンなのです。

将来の活用として、社会的関りの代行、パーソナルアシスト、医療分野、エンターテイメントなどが期待されておりデータ上で自分が存在しているかのような自分の分身(アバター)を造る事を目的としています。

このプロジェクトには今までのプラットフォームは使用されず、PAIブロックチェーンという全く新しいプラットフォームを採用しています。

PAIブロックチェーンは、ビットコインの開発者であるサトシ・ナカモト氏と共にメインの開発要員であり、ビットコインの創立者メンバーの一人でもあるAlex Watersがリーダーとして開発しており同氏がホワイトペーパーも執筆してる事から注目を集めています。

2030年までにはAI企業は90兆円規模にまで拡大すると言われており、壮大なプロジェクトになる事は間違いないのでとても期待されている新しい仮想通貨です。

しかし、プロジェクトの内容は発表されていても肝心のPAIコインについての発表はなく、ホワイトペーパーも公表されましたが内容はブロックチェーンと人工知能の融合の話をメインとした物です。

3月末に海外大手取引所のBinanceとBittrexに上場する事しか分かっていません。

モヤモヤしますね…

上場するであろう3月になるともっと情報が増える可能性は高いです。

ですので、トレーダー達は期待はしているけれど内容がまだ明白でないために様子を見つつ投資をするという方が多かったです。

PAIコインの口コミをチェック

簡単に自分ソックリなアバターが作れるという事もありセミナーでの注目はコインの存在よりも、アバターの存在の方に集まったようです。

 

クローズドセールでコインを手に入れた方々の口コミでは、かなり高騰しているようです。

この高騰ぶりからして上場した場合には億り人と言われる人が日本にも溢れるのかもしれませんね。

 

PAIコインの取扱所はどこ?

クローズドセールのため先行販売の受付は残念ながら締め切っていますが、最初は5月予定だった上場が少し早まり、3月末にはBinanceとBittrexに上場予定なので販売までしばらくお待ちください。

この二か所に上場した後は、他の取引所でも取り扱いを開始するようなので最新情報をお待ちください。

関連記事です。

まとめ

身近な大手の会社ソフトバンクの孫社長も投資を行っていることから、注目度はとても高いのですがまだ情報があまり公開されていません。

通常なら発行枚数だとか、上場前の販売方法だとかも何かしら情報が出ているのですが、このPAIコインはどのサイトを探しても「PROJECT PAI」のアバターについての情報がほとんどです。

しかし一部のTwitterのコメントでは高騰しているようなコメントもあり、今まで他のコインにった「詐欺コイン」という情報もないのでこれから情報が増える物として期待しています。

なので、最新情報が更新されるのをお楽しみにお待ちください!

PAIコイン