ビボックス(Bibox)の使い方!入出金・送金方法や購入方法(買い方)を解説!

2018年2月23日ビボックス(Bibox), 仮想通貨

2017年11月に取引が始まり、今急成長中の海外取引所「ビボックス(Bibox)」

日本語対応していないので少しハードルが高く感じられるかもしれませんが、わかりやすい操作画面で、直感的に操作ができるので、使って見るとそんなに難しくありません。

今、密かに注目を集めている「ビボックストークン(BIX)」は、ここでしか買うことができないので、この機会に使い方をマスターしてみてはいかがでしょうか?

口座開設方法はこちら!

 

ビボックス(Bibox)の口座開設はこちら!

 

 

ビボックス(Bibox)への送金方法

ビボックス(Bibox)は、本人確認をしていない場合、1日2BTCまでの出金制限がありますが、すぐに取引を開始することができます。

ただ、セキュリテイ対策として、2段階認証が設定されていないアカウントは、入出金ができないため、登録したら、まず2段階認証の設定をしましょう。

合わせて、出金パスワード(Funds Passward)も設定しておくこともお勧めします。

ビボックス(Bibox)は、他の海外取引所と同じように、日本円での入金に対応していないため、まず、ビットコインやイーサリアムなどで入金する必要があります。

まずは、日本の取引所でビットコインかイーサリアムを購入→ビボックスに送金→ビボックストークンを購入

という流れになりまます。

国内取引所でお勧めをご紹介します。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


ビットフライヤー(bitFlyer)
口座を無料で開設するにはこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

GMOコインの口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


GMOコイン
口座を無料で開設するにはこちら



 

(Biboxでは、言語は、右上の言語タブから、英語・中国語・韓国語の中から選択できます。今回は、英語表記の画面で説明をしています。)

1 Fundsをクリック

入出金は、この画面上の「Funds」から始めます。

 

2 送金したい通貨を選択

ビットコイン・イーサリアムなど、送金したい通貨を探して、「Deposit」(入金)をクリックします。逆に、出金する場合は、「Withdrawal」(払い戻し)をクリックします。

 

3 入金アドレスを確認

通貨を選択すると、入金アドレスが表示されるので、このアドレスをコピーして、お使いの取引所から送金手続きを行いましょう。(今回は例としてイーサリアムのアドレスを表示しています)

 

 

4 送金

入金アドレスは、それぞれの通貨ごとに異なるので、送金手続きの際は、よく確認してから送るようにしましょう。

また、ビットコインの場合は、入金に少し時間がかかる場合もあるので、すぐに着金しない場合は、時間をおいて確認をするようにしましょう。

ビボックス(Bibox)での指値注文、成行注文は可能?

今のところ、ビボックス(Bibox)では、指値注文のみ対応をしています。

他の取引所で可能な、成行注文や逆指値注文は、対応していません。

まだ新しい取引所なので、今後のアップデートの際に、対応していくことを期待しましょう。

ビボックス(Bibox)でのコインの購入・売却方法は?

avatar

ソフィア

ビボックスでの購入方法や売却方法を説明しますね♪

先ほどの手順で、入金ができていれば、いつでもコインの売買が始められます。

早速、ビボックスでのコインの購入・売却方法をご説明します。

(ここでは、イーサリアムでBibox Token(BIX)を買う方法を例にご説明します。)

1 「Token Trading」をクリック

画面左上の「Token Trading」から売買を始めます。

 

2 購入で使うコインと通貨ペアを選択します

画面上部の通貨ペアをクリックすると、購入で使うコインと通貨ペアを選択できます。

右側が購入で使うコインで、左側が通貨ペアになります。

BIX/ETHだったら、BIXが通貨ペアで、ETHが購入で使うコインです。

 

 

3 購入価格の入力

デフォルトでは、最新の約定価格が入力されているので、必要に応じて変更し、希望する購入価格を入力します。

 

 

4 数量の入力

希望の数量を入力します。また、下段の%で指定することも可能です。

例えば、50%を選択した場合、入金済みのイーサリアムの50%分の購入ができます。

5 「LIM Buy」をクリック

売却する場合は、「Sell BIX」に同じ要領で売却価格と数量を入力し、「LIM Sell」をクリックすることで可能です。

注文状況は、画面下の「Open Orders」で見ることができます。未約定であれば、キャンセルボタンで、キャンセルも可能です。

関連記事です。

まとめ

日本語対応していないビボックス(Bibox)ですが、このように、操作自体はそんなに難しくないことがわかるかと思います。

特に、バイナンス(Binance)を利用している人は、とても似たインターフェイスなので、苦労することなく使うことができるでしょう。

ビボックス(Bibox)は、他の取引所が扱っていないコインも積極的に上場させているので、まず登録して、一度触ってみてはいかがでしょうか?

ビボックスの口座開設方法はこちら!

ビボックス(Bibox)の登録はこちら!

2018年2月23日ビボックス(Bibox), 仮想通貨