ビットコインの儲け(売却益)にかかる税金の日本での計算方法とは?

2018年2月15日税金

ここ最近浸透しつつある仮想通貨について、興味を持っている方は多数いるで事でしょう。

その中で、仮想通貨をトレードして得た利益に関しては、税金が発生してきます。

今回は、その税金について、売却率にかかる税金の日本での計算方法

詳しく解説していきますね。

雑所得の計算方法は?

avatar

ソフィア

雑所得の計算方法を説明しますね♪

 

そもそも仮想通貨で獲得した利益に関しては

雑所得

という所得部分に分類されます。

 

この雑所得に関しては仮想通貨以外の株式投資やSNSを使ったものの売買益等の合計が該当します。

 

 

そして、この雑所得は日本が累進課税制度をとっているため

金額が大きくなればなるほどそれに対してかかる税金も大きくなるのです。

 

 

ビットコインにおけるこの雑所得の計算方法は以下のようになります。

(ビットコインの売却価格)ー(ビットコインの購入にかかった費用)ー(取引所、交換時に要した入金手数料含む諸費用)

 

 

例えば、100万でビットコインを10サトシ取得し、その際にかかった手数料が10万円としましょう。

そしてそれが1サトシ15万のときに売却した場合150万円

(この時の手数料は前述の手数料に含める)

売り上げとなります。

つまりこの場合の雑所得は150万ー100万ー10万で40万となります。

avatar

アリス

サトシとは、ビットコインの単位のことですよ〜

確定申告は何円からすればいいの?例を教えて!

avatar

ソフィア

難しい確定申告。どうすればいいの〜〜

 

ビットコインで得た収入が1月から12月の間で20万円以上ある場合は

確定申告を行わなければなりません。

 

このビットコインによって得た収入を確定申告した際にかけられてくる税金は、

所得税住民税になります。

 

まずは、所得税に関しての計算の仕方を解説しましょう。

ちなみに、控除額は利益額に応じて一律で決まっていますので、

記載されている金額が、利益額に応じた控除額です。

avatar

アリス

難しいですね〜〜

 

ビットコインによって得た利益が1年間で195万円以下の場合(20万円以上)は、

その利益額の5%が所得税として発生し、控除額はこの場合は0円となります。

 

 

また、195万円超えから330万円以内の利益額の場合はその利益額の10%が所得税となります。

そこから控除額として97500円引かれた額を納める必要があります。

 

330万円超えから695万円以内の利益額の場合は

その利益額の20%が所得税となり427500円が控除額となるため

差し引かれた額を納める必要があります。

 

695万円超えから900万円以内の利益額の場合は

その利益額の23%が所得税となり636000円が控除額となるため

差し引かれた額を納める必要があります。

 

900万円超えから1800万円以内の利益額の場合は

その利益額の33%が所得税となり1536000円が控除額となるため

差し引かれた額を納める必要があります。

 

1800万円超えから4000万円以内の利益額の場合は

その利益額の40%が所得税となり2796000円が控除額となるため

差し引かれた額を納める必要があります。

 

4000万円超えの場合はその利益額の45%が所得税となり

4796000円が控除額となるため差し引かれた額を納める必要があります。

 

例えば、ビットコインで得た所得が2500万の場合、

所得税は40%なので1000万円。

そして控除される2796000円が差し引かれ、

所得税として支払う金額は7204000円となります。

結構な金額の所得税を払わなければならないのですね。

 

何だかほとんど持っていかれるイメージ・・・・

 

悲しすぎるんですけど。

 

また、ここで得た利益というのは

あくまでビットコインの売買で得たものが対象になるため

 

ビットコインのままウォレットに入れたままにしていれば

利益としては計上されないため

 

税金を支払う必要もないといわれています。

まだある?住民税!

avatar

アリス

え!まだ払うの?

 

また、上記で説明した所得税のほかにもう一つ住民税所得の10%払う必要があります。

こちらに関しては、給与所得でないのに払うの?と疑問に思う方もいるでしょう。

 

しかし、払わなければならないのです・・・・

 

こちらに関しては、確定申告をした後に自治体の方から個人宛に郵送されるので、

支払う必要があります。

まとめ

以上がビットコインに関する税金の計算方法になります。

確定申告をちゃんと行い税金を支払わないと、脱税になってしまうため

難しいですが、きちんと支払っていきましょうね。

まだ仮想通貨を始めていない方は、国内取引所の開設から始めて見ましょう!

ADAコインなどは、海外の取引所でしか購入できないのですが、

国内取引所に日本円を送金→国内取引所でビットコインかイーサリアムを購入→それを海外取引所に送金→海外取引所でADAコインなどを購入

という流れになるからです。

ですので、日本の国内取引所は必ず必要なんですね。

日本語対応ですし、安心です!

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


ビットフライヤー(bitFlyer)
口座を無料で開設するにはこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

GMOコインの口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


GMOコイン
口座を無料で開設するにはこちら



 

Zaif(ザイフ)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


Zaif(ザイフ)
口座を無料で開設するにはこちら



 

2018年2月15日税金