ネムコイン(NEM・XEM)が買える取引所はどこ?購入方法や今後の可能性は?

ネムコイン(NEM・XEM)

2018年1月26日に時価580億円というネムコインがコインチェックから不正アクセスにより送金され26万人以上のコインチェックでネムを保持していた人に被害が及ぶ騒動になっています。

その騒動のネムコインのこれからの動きを詳しく紹介していきます。

ネムコイン(NEM・XEM)の今後の可能性は?

1月26日総額5億2630万10XEM(日本円で時価580億円)が外部から不正アクセスされコインチェックから送金されました。

今も大量のネムコインが行方不明になっています。

1月26日13時の時点では1XEM=約113円でしたが18時になると暴落し1XEM=約86円になりました。

この時はネムだけでなく、この騒動の不安感からかどの仮想通貨も一気に価格を下げています。

ネムコインを管理するネム財団のロン・ウォン氏が

「今回の不正送金はネム自体のシステムには何の問題もない」と発表し、

コインチェック自体のセキュリティ管理の問題が大きいと考えられていることからネムも他の仮想通貨も徐々に回復傾向にあります。

ネムコイン(NEM・XEM)が買える取引所はどこ?

以前はもちろんコインチェックで購入出来ていましたが、

今回の騒動があって入金以外の取引をコインチェックが停止している状態です。

コインチェック以外では国内は「Zaif」のみとなっています。

Zaif(ザイフ)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


Zaif(ザイフ)
口座を無料で開設するにはこちら



1月中に「ビットフライヤー」に上場とも噂がありましたが、まだ発表はありません。

海外の取引所だと「ライブコイン」「ヒットビット」「クリプトピア」「ポロニックス」「ビットトレックス」「フオビ」など全世界15か所で取引が可能となっています。

ネムコイン(NEM・XEM)の購入方法は?

コインチェックが利用できない今「海外の取引所で!」と思う方は少なくないかと思いますが、

上記に挙げた海外の取引所はもちろん、有名な「バイナンス」でも日本円の入金はできません。

まず、国内取引所に日本円を送金→ビットコインかイーサリアムを購入→海外の取引所にビットコインかイーサリアムを送金→海外取引所で購入

という段階を踏まなくてはいけません。

ですので、まずは国内の取引所での口座開設をおススメします。

国内取引所で安心できるところをお伝えします。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


ビットフライヤー(bitFlyer)
口座を無料で開設するにはこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

GMOコインの口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


GMOコイン
口座を無料で開設するにはこちら



 

Zaif(ザイフ)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


Zaif(ザイフ)
口座を無料で開設するにはこちら



 

ネムコイン(NEM・XEM)を安全に管理する方法は?

今回の騒動の原因になったのはコインチェックがオフラインで管理するウォレットに顧客のネムを保存していなかった事です。

しかし、取引所が今回のようなハッキングに遭ってしまった場合に備えて取引所を銀行のように使うのではなくそれぞれウォレットでしっかり管理する事が大切だと考えます。

ウォレットは主に5種類あり「Webウォレット」「ソフトウェアウォレット」「モバイルウォレット」「ハードウェアウォレット」「ペーパーウォレット」に分かれます。

Webウォレット

Blockchain.infoなど専門のウォレットで管理する方法です。

このウォレットは自分で「秘密のカギ」が設定出来るので、

取引所に置きっぱなしにするよりは安全性は高いですが、

ネット上でアクセスできるのでハッキングの危険性はもちろんあります。

ソフトウェアウォレット

販売所のWebウォレットからパソコンにダウンロードしオフラインで管理する方法です。

ソフトウェアウォレットは自分のパソコンで管理するため、故障やウィルスの危険性はあります。

モバイルウォレット

モバイルウォレットはソフトウェアウォレットのモバイル版でアプリによって管理する事が可能です。

簡単に出金する事が出来、決済機能もあるのでビットコインやモナコインで買い物することも出来ます。

とても手軽ですが、紛失による悪用や故障といった心配はあります。

ハードウェアウォレット

USBメモリなどを使って管理する方法で、秘密のカギを使ってオフラインで管理することができます。

パソコンやスマホのウォレットを使いながら、それらのバックアップ用で使うことで万が一の時のための復元にも利用することが可能です。

こちらはハッカーなどの心配もないため安全性は高い管理方法です。

オススメの商品をご紹介します。現在保管の安全性にみんな注目しているので、品薄状態です。早めの購入をお勧めします。

レジャーナノs(Ledger Nano S)
購入は安心の正規代理店で



ペーパーウォレット

紙に仮想通貨のデータを印刷し保管・管理する方法です。もちろんこの方法もハードウェアウォレットと同様ハッキングの心配はありません。

まとめ

今回の騒動で、仮想通貨の保管方法について改めて考えさせられました。

もちろんコインチェックのセキュリティ対策にも問題があったと思いますが、やはり個人の大事な資産なので個々でしっかり管理し保管する事が最も重要だと思います。