Centrality(セントラリティー)とはどんなコイン?購入方法は?

2018年2月15日セントラリティー(Centrality)

今、注目の「Centrality(セントラリティー)」というコインを聞いたことがありますか?

その動向は、投資家の間で2018年大きく注目されているのですが、

まだ、情報があまり出てきていないので、耳にしたことがない人も多いかもしれません。

avatar

ソフィア

Centrality(セントラリティー)、まだ聞いたことのないって方が多いと思います。

まだあまり知られていない「Centrality(セントラリティー)」ですが、プレセール開始から6分で完売しちゃいました。

Centralityの完売についてはこちらの記事をどうぞ♪

 

 

今回は、Centrality(セントラリティー)の情報をまとめました。

 

Centrality(セントラリティー)とは?

avatar

ソフィア

Centrality(セントラリティー)は第二のADA(エイダコイン)と言われているんですよ♪

Centrality(セントラリティー)というコインは、

ニュージーランドの大手ブロックチェーンテクノロジー会社「Centrality(セントラリティー)」が開発中の、

ブロックチェーンのDAppsプラットフォーム上で使われる暗号通貨のことです。

 

このCentrality(セントラリティー)は、まだ取引所には上場しておらず、これからTGEで資金を集めて開発が進められていく段階のものです。

TGEとは聞き慣れないかもしれませんが、TGE=Token Generating Eventの略です。

新規株式公開の仮想通貨版であるICOのうち、投資会社がその開発案を審査して、資金調達の場を提供するものです。

 

どちらも、資金を調達するという点では変わらないのですが、

TGEの方が、より信頼度が高い案件ということができるでしょう。

TGEを行うことで、有力な投資家から資金を集め、開発を進めることができます。

 

そのCentrality(セントラリティー)は、実は第2のADA(エイダコイン)と言われています

ADA(エイダコイン)とは、「カルダノ」というオンラインカジノやゲームのプラットフォームで使用されるコインのことです。

ADA(エイダコイン)はすでに、bittrexに上場しており、上場した瞬間に価格が40倍近くに上がりました

Centrality(セントラリティー)はこのADA(エイダコイン)のように大きく価値が上がる可能性のある銘柄だと言われています。

 

Centrality(セントラリティー)の取引所は?

avatar

ソフィア

Centrality(セントラリティー)は、まだ上場されていないコインです。

Centrality(セントラリティー)はまだ、取引所に上場をしていない開発中のコインです。

なので、今、Centrality(セントラリティー)に投資をするには、TGEに参加してトークンを購入する必要があります

 

このトークンは、「CENNZ(センツ)トークン」と言われています。

CENNZトークン」の販売は、2018/1/15のPM12:00~スタートと、Centrality(セントラリティー)のサイトで告知されています

 

なんとこのTGEにより、Centrality(セントラリティー)は約90億円を調達する予定なんだとか。

また、調達された資金は、ネットワークの拡大やプラットフォームユーザーの獲得、プラットフォーム上でアプリケーション作る開発者たちを集めるために使われるとのことです。

TGEにより、多くの資金を調達し、開発を大きく進める足がかりにしようという意図が感じられます。

 

Centrality(セントラリティー)の購入方法は?

avatar

ソフィア

事前登録が必要ですよ。

CENNZ(センツ)トークン」を購入するには、TGEに参加する必要があります

そして、TGEに参加するためには、あらかじめ登録をしておきましょう

 

Centrality(セントラリティー)の公式サイトがこちらです。

 

 

TGEの登録はBlockhaus Sales Appからです。

 

 

最低購入単位は、1,000$からのなので、日本円だと11万円程度の資金が必要です。

また、CENNZ(センツ)トークン」はEthereum(イーサリアム)での購入になるので、こちらも事前に準備しておく必要があります。

イーサリアムの購入方法は、

日本国内の取引所に口座を開設→日本円を入金→日本円でイーサリアムを購入

と言う流れです。

簡単で無料で開設できますので、まずは国内の取引所を開設して見てはどうでしょうか?

本人確認に近年仮想通貨人気がすごくて、登録に時間がかかる場合がありますので、準備するなら早めがいいですよ。

Zaif(ザイフ)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


Zaif(ザイフ)
口座を無料で開設するにはこちら



 

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


ビットフライヤー(bitFlyer)
口座を無料で開設するにはこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

GMOコインの口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


GMOコイン
口座を無料で開設するにはこちら



 

関連記事です。

 

 

 まとめ

avatar

ソフィア

第二のADA(エイダコイン)と言われているCentrality(セントラリティー)、とても気になりますよね♪

Centrality(セントラリティー)は、開発中のため、投資をしても、全く開発が進まないというリスクがあります。

そして、計画が頓挫し取引所に上場しなかった場合には、そのトークンは無価値になってしまう可能性も0ではありません。

ただ、トークンを得ておくことで、開発が進み多くの人が利用できるプラットフォームに成長すれば、大きな利益を得られる可能性も秘めています。

仮想通貨投資をするのであれば、今後のCentrality(セントラリティー)の動向は、要チェックです。

CENNZを購入するためのイーサリアムを購入するには国内取引所で日本円での購入です。

GMOコインなら本人確認が早いので、間に合うかもしれません!

 

GMOコインの口座開設については、こちらを参考にして下さいね!


GMOコイン
口座を無料で開設するにはこちら



 

2018年2月15日セントラリティー(Centrality)