KuCoin(クーコイン)の特徴は?取り扱いコインの種類や手数料について!

2018年2月23日KuCoin(クーコイン)

海外の大手取引所ビットレックスバイナンスで登録したいけどできない、といった声が多く聞かれるようになりました。

なんと、登録者が増えすぎたため受付を停止しているということです。

 

avatar

ソフィア

最近の海外取引所への注目度って凄いですよね!

 

登録の停止は、一時的なものかもしれませんが、

すぐにでも海外取引所を使って取引手数料を安く抑えた取引がしたい!

日本の取引所で扱っていないコインを手に入れたい!

という場合にはとても困りますね。

 

そこで、今回は最近特に注目を集めている香港の取引所KuCoin(クーコイン)について紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

KuCoin(クーコイン)の口座開設についての解説はこちらを参考にして下さいね!

KuCoin(クーコイン)

口座を無料で開設するにはこちら

 

KuCoin(クーコイン)って何?特徴は?

avatar

ソフィア

KuCoin(クーコイン)は、香港の取引所なんですよ♪

KuCoin(クーコイン)は2017年9月15日に、香港を拠点にサービスをスタートさせた比較的新しい取引所です。

ただ、他の取引所にはない優れた特徴があるため、

ユーザー数も取引量もどんどん増え続け、2018年1月はじめには、1日の取引高が世界で第20位になっています。

 

以下、KuCoin(クーコイン)の特徴について見ていきます。

 

  • 日本語対応、日本円表示も可
  • 手数料が0.1%と海外取引所最安値
  • とても動作が軽いばかりか、シンプルで使いやすい
  • 取り扱い通貨は約70種類と豊富
  • 会員登録後、本人確認なしにすぐ取引可能
  • 独自のトークン「KucoinShares(KCS)」保有者は配当が受け取れる
  • 独自トークン保有者には取引手数料の割引がある

本人確認なしですぐ取引可能というのば、便利ですね。

他の海外取引所は本人確認に1か月近く時間がかかることも少なくありません。

 

KCS保有者は配当が受け取れるというのも見逃せないポイントです!

トークンとは、実態は仮想通貨のようなものですが、

通貨として使われるのが目的ではなく、株のような働きをするものです。

 

KuCoin(クーコイン)が成長すれば、KuCoin(クーコイン)のトークンの価値も上がります。

KuCoin(クーコイン)は現在成長の波に乗っていますから、トークンの価値もどんどん上昇中です。

今のうちに手に入れておけば、後で大きな価値を持つものになる可能性は大きいです。

 

このように、このKCSトークンはそれ自体でも魅力的なのですが、

それだけではなく、トークンの保有数には配当という恩恵も与えられています

自分は何も取引しなくても、保有しているだけで毎日報酬がもらえるのです。

報酬は、KuCoin(クーコイン)取引所全体で発生した手数料の50%をトークンホルダー全員で分配するという方法で与えられます。

 

具体的な計算は、

1日のトレード手数料×50%×(保有トークン数÷総供給トークン数)

によって求められます。

 

独自トークン保有者の取引手数料割引も魅力の一つです!

1000KCS以上を保有していると、取引手数料がもっと安くなる特典もあります。

1000KCS 保有ごとに1%が割引され、最大30000KCSで30%割引になります。

それ以上保有していても割引は最大30%までですが、よく取引する人にはありがたい割引です。

KuCoin(クーコイン)の将来性は?

avatar

ソフィア

扱うコインがどんどん増えていくそうですよ♪

KuCoin(クーコイン)は、2018年末までに1000通貨の取り扱い、取引高100000BTC以上を目指しています

 

他の取引所にはないメリットや、サービス開始から今までの取引量増加などからも、

今後もまだまだ伸びるであろうという見解が多いです。

そのため、第2のバイナンスとも言われています。

Rowlingstone Weekly Reportでも評価されています。

 

KuCoin(クーコイン)の取り扱いコインについて

KuCoin(クーコイン)では現在約70種の通貨を取り扱っています。

バイナンスのほうが種類は多いですが、KuCoin(クーコイン)には、バイナンスに無い通貨もあります

ディズニーが開発したというDragonchainもあるんですよ!

 

取り扱い通貨一覧がこちら

 

Kucoin Shares、Bitcoin、RaiBlocks、Red Pulse、EthLend、AChain、DeepBrain Chain、Qlink、Dent、Pura、Po.et、UTRUST、Solaris、Dash、Oyster Pearl、TrueFlip、Aion、Revain、LAToken、Bitcoin Cash、Change、Bitcoin God、Modum、Publica、Populous、Quantstamp、SONM、Asch、Bounty0x、Dragonchain、Nuls、ClearPoll、Power Ledger、Snovio、DeepOnion、Ethereum Classic、Ambrosus、NEO、Stox、Elixir、Flixxo、Genesis Vision、Bitcoin Diamond、Confido、Ethereum、NeoGas、Horizon State、Raiden Network、Substratum、Unikoin Gold、Walton、Neblio、RChain、VeChain、USDT、Bitcoin Gold、Digibyte、Everex、Hshare、Kyber Network、Litecoin、Monetha、OmiseGO、Request、BlockMason、Qtum、Bytom、Civic、Ethereum Fog、TenXPay、EOS、Status、Black Hole Coin

 

とても種類が多いですね!

 

KuCoin(クーコイン)の手数料は?

avatar

ソフィア

手数料が安いのものKuCoin(クーコイン)特徴ですね♪

KuCoin(クーコイン)の取引手数料は、なんとたったの0.01%です。

これは、海外取引所では最安値になっています。

 

手数料には、

Maker手数料(指値注文で約定した分にかかる手数料)とTaker手数料(成り行き注文で約定した分にかかる手数料)とあり、

取引所によってはそれぞれ違うパーセンテージを掲示しているところもあります。

KuCoin(クーコイン)は一律で0.01%なので、分かりやすいです。

ここまで手数料が安いのは、海外ではバイナンスとKuCoin(クーコイン)だけです。

 

しかし、日本の取引所は手数料がほとんど無料。

ならば日本の取引所のほうがいいのでは?と思われますよね。

国内取引所は手数料が無料でも、スプレッド(売り値と買い値の差)が広くなっています

そのため、スプレッドの狭い海外取引所で少しの手数料を支払う方が、取引のトータルで見るとお得になるわけです。

KuCoin(クーコイン)はこの点でも優れていますね。

関連記事です

 

まとめ

 

avatar

ソフィア

KuCoin(クーコイン)の魅力が沢山ありましたね!

KuCoin(クーコイン)は、日本語対応で使いやすく、

独自のKCSトークンを持っていると配当や手数料割引を受けられるなど、

さらにいいこと尽くしであることがわかりました。

 

将来性もあり、扱うコインも豊富、手数料も安いとなると登録してみたくなるもの。

ビットレックスバイナンスの登録が難しければ、KuCoin(クーコイン)もいいですね!

いまなら、口座開設もスムーズにできますが、人気が集中すれば、新規登録を中断する可能性もあるので、今のうちに口座を開設しておくことをお勧めします。

KuCoin(クーコイン)の口座開設についての解説はこちらを参考にして下さいね!

KuCoin(クーコイン)

口座を無料で開設するにはこちら

2018年2月23日KuCoin(クーコイン)